ジェネリックED治療薬による胎児への影響

ED治療薬には、ジェネリック医薬品も数多く登場しています。ジェネリックの利点は、先発品と比べると開発費などがかからたないため、安く提供出来るところです。中には、先発品の1/10程度の値段で買えるものもあります。
病院処方ではジェネリックのED治療薬を扱っていることは少ないですが、ネット通販では海外製のものがたくさん扱われています。
ネット通販は病院に行かなくて良いので、周囲に症状を知られずに治療出来るというメリットがありますが、購入ルートがしっかりしていないと、まがい品を使ってしまう危険性があります。安全に手に入れるためにも、ネット通販では業者の選定が重要です。業者を選ぶときには、名前が通ったところを利用しましょう。最低でも5年以上は経営実績があるところが良いです。
名前が知られていないところでも安全なルートで扱っているところもありますが、不安な要素が多すぎます。特に人気のある製品だと、流通量が不足しがちなため、まがい品が多く出回りやすいです。その点も注意して、業者を選ぶようにしましょう。
ED治療薬の疑問でよく不安視されるのは、胎児への影響です。男性がED治療薬を使ったことで、胎児に先天性の異常が出るのではないかという不安です。これに対しては、影響はないということが確認されています。ED治療薬はあくまでも男性の体の血流を改善する作用だけで、精子には影響を与えません。なので、受精卵が何かしらの影響を受けるという心配もありません。実際、世界中でたくさんの男性が治療薬を使い、健康な胎児を得ています。
ED治療薬を使う目的は人それぞれでしょうが、健康な性生活に加えて、子供を授かるという幸せを得る目的でも使えます。